Ninth Dimension “I is 9th”

さあ、先日ディメのアルバム一言レビューを先にやったので、
ここからはDIMENSIONのアルバムに関してはランダムに思いついた順に紹介していきます。
というわけで今回は、「Ninth Dimension “I is 9th”」です。
3ヶ月連続アルバムリリース、通称「月刊DIMENSION」から約1年を経て発表された
'97年3月のアルバムです。
私の中の勝手な定義だと、超絶技巧重視の1st~5thが第1期DIMENSIONで、
6th~8thの月刊DIMENSIONが第2期DIMENSIONへの架け橋的な1.5期って感じで、
この9thからが第2期にあたるんですが、
このアルバムはまあDIMENSIONにとっては意欲作というか、
それまでと比べて打ち込みを前面に出して使ったり、Hip-Hopテイストを取り入れたりしています。
今のディメのスタイルの先駆け的な作品ですね。
わりとお気に入り度が高いので、よく聴くアルバムの1つです。



というわけで1曲ずつ詳しく…

①Lazy Dog
1曲目から8thまでのDIMENSIONとは変わったぞ!!と感じさせる
打ち込みを全面的に出したナンバーです。
所々にセクシーな女性の声が入ったりして茶目っ気のある曲。

②Head Games
超絶技巧全開!!ハードな変拍子ロック!!
まず出だしからしてスゴイ!!ギター小僧必聴!!ますやんのロック魂全開ギンギンのソロからスタート!!
そして圧巻なのは中間部のサックスソロ!!
音域をフルにどころかフルを超えた高さまでブリブリと使い切り、後半では高速フラジオ!!
スゴすぎです!!ディメの全曲の中で1番好きなカツヲのソロパートです。
リズム隊はもちろん最強リズム隊A.I.(青木智仁;B & 石川雅春;Ds)!!
この2人じゃなきゃこの曲は成立しえない!!

③One and Three
DIMENSION流Hip-Hopナンバー。
打ち込みを大胆に使い、スクラッチ音やDJの声まで入り、完璧Hip-Hop!!
その上をカツヲのサックスが歌っています♪

④I is 9th
「One and Three」がいきなりぶつっと切れて始まるのは、
アルバムの副題にもなっている超高速ナンバー「I is 9th」!!
変なタイトルだなぁ…と最初は思ったんだけど、アルファベットでIは9番目だからこういうタイトルなんですね…。
この曲も②同様A.I.のハードなリズムの上を(ディメの)3人が縦横無尽に代わる代わる走り回っています。

⑤Close to Your Heart
前曲とは一転、AOR調のミディアムナンバー。
カツヲのサックスの音色がメロウでイイ感じです!!

⑥Jazz Cigarette
ますやんのギターとおのきんのRhodesでコロコロ転がる
イントロと中間に出てくるフレーズが印象的な渋めのナンバー。
ライブ定番曲の1つ。カツヲのソロパートの間でますやんがタバコに火をつけ、
くわえながらギターを弾くパフォーマンスもすっかりおなじみです。
このCDに収録されているバージョンはあまりJazzっぽさが感じられないのですが、
ライブではJazzっぽいアレンジで演奏されます。
このJazzっぽいアレンジの「Jazz Cigarette」が私はすごく好きなんだけど、
CD化されていないんだよね…。
次のライブアルバムには絶対に収録して欲しい!!

⑦Don't You Worry

⑧White of Blue

⑨Brighter in Your Life
T-SQUAREで例えれば「明日への扉」系、タイトル通りとってもさわやかで明るい曲。
フュージョン初心者にも気に入ってもらえそうな曲。
キャッチーなメロディーが歌モノっぽい。
パッと聴いた感じは比較的テクニカルではないけれど、
サックスは全体的にキーが高いから難しそう…。

⑩Yes or No ?
♪ダダッンダッダッダッダッダッダッ
これに尽きます(笑)!!
ライブ終盤で盛り上がる曲♪
[PR]
by fusionism-wakame | 2004-11-21 02:55 | fusion
<< LIVE! Assemble ... 「Loneliness」試聴開始!! >>