Good-bye 2004♪
先日、カツヲも参加している某アルバムを中古で買ったところ、
曲的にはあまり好きな感じではなかったのですが、
カツヲのサックスの音を聴いて、「うんうん、この音色♪」と妙に安心感を覚えてしまった自分はどうなんでしょう…?



さて、早いもので2004年も最後の1日。
たぶんここの更新も今年はこれが最後になると思います。
年末にふさわしく“Fusionism管理人・ワカメが選ぶ! 2004年 Best Disk”や
“2004年 Best Live”などといった雑誌っぽい企画をやろうかとも考えたのですが、
私が選ぶとすべてがDIMENSIONになってしまいかねないので、やめておくことにします…。
ただ、これだけはひいき目抜きにしても確実にDIMENSIONが受賞すると思うのは…

[2004年 Best MC賞]
DIMENSION BLUES ALLEY JAPAN the 15th anniversary Special Live
('04,10,10 @目黒・BLUES ALLEY JAPAN)でのますやんとカツヲによる
「DIMENSION 男性客限定 パンイチLive構想」について

これはホント笑いすぎてまいりました…。
てゆーかこの日のディメ(というよりますやんとカツヲ)はホームグラウンドであるBAJでの久しぶりのライブである上に
前日のT-SQUAREのライブ@日比谷野音へのゲスト出演が台風で中止になってしまったということもあって、
ありえないくらいハイでした!!
私としては2005年は、パンイチLiveが実現しないことを祈るのみです…はいっ…(苦笑)。



2004年は私にとって今まで生きてきた21年の中で1番沢山音楽を聴いた1年だったし、
1番多くライブに行った年だったし、初遠征もしちゃったし、CDも沢山買った年でした♪
おまけにこんなblogまで始めちゃったし…。
たった2ヶ月弱で500回以上も見てもらえて幸せです!!
音楽関連にどれだけ1年間でお金を費やしたかは……計算したくありません(苦笑)。
私生活がどうだったかは……ツっこまないで下さい(爆)。


音楽って空気や水のように「これがなければ絶対に生きていけない!」ってモノではないし、
嫌いなジャンルのモノでも「これは聴くべきものだから!」と
無理をしてまで聴こうとしなければならないモノでもないと思います。
でも、音楽があった方がうんと人生は豊かになるし、楽しくなると私は思います。
それに音楽は、誰かの気持ちを動かしたり、人と人や、もっと大きくいえば世界を結びつけたりする
無限の可能性と力を秘めているモノだと思います。

私がこのblogのタイトルを「Fusionism」と名付けた時にこめた想い-それは、もちろん一義的には
私は“fusion”ってジャンルの音楽が好きだから“Fusion主義”って意味で付けたのですが、
実はその裏にこめた意味がもう一つあります。
それは“何でもアリじゃん!!”ってコト。
“fusion”って単語は元は“融合”や“混合”といった意味ですが、
世の中音楽もそれ以外のモノもカッコイイものや素晴らしいモノっていうのはいっぱいあるわけで、
自分は身体一つで生きられる時間にも限りはあるけれど、
そんな中で自分の感性で“イイ”と思えるモノは何でも貪欲に取り入れていきたいし、
どんな生き方だってアリだと思うし……だから“ごちゃまぜで行こうよ!!”ってそんな想いを
自分自身に対する言い聞かせも含めてblogのタイトルにこめてみたのです。
ま、そんな中でもココでは音楽に限定してやっていますが…。


だから2005年も私は“カッコイイ”と思える音楽と共に、楽しく日々を送っていきたい!!
ライブ自粛令が解けた日には、行ってみたいライブがい~っぱい♪
えーっと、まずは何といってもDIMENSIONでしょ。
それから…本田雅人、TRIX、T-SQUARE、CASIOPEA、urb、PE'Z、熱帯JAZZ楽団、David Sanborn、
KK JAM、APOLLO JAM、俺たちだって歌いたい!、TUBE、平井堅、青木智仁BAND、groove line…
あとメンバーによるけれど、セッション系もいろいろ行ってみたい!!
AO・NORIセッションとか増崎セッションとか青木セッションとかバカボン鈴木セッションとか…。
さすがにこれだけ全部行くのは無理ですが、誰かこんな私のお供をしてやって下さい…(笑)。
うーん、2005年はますます音楽漬けな年になりそうな予感…♪

そんなわけで、皆様、よいお年を~☆
来たる2005年もワカメと「Fusionism」をよろしくお願いします!!
[PR]
by fusionism-wakame | 2004-12-31 03:07 | hi・to・ri・go・to
<< 2005年のAkatsuki DIMENSIONが女子十二楽... >>