そういえばT-SQUAREについてちゃんと取り上げていませんが…
最近どうやらT-SQUAREファンの方がココへいらっしゃっているみたいなので、
たまには、というか初めてまともにスクェアについて語ってみようかなぁ…?と…。


私はスクェアは本田期に好きになったので、やっぱり本田期マンセー人間なんですが、
改めて3人のサックスプレーヤーでわけて考えてみると、結構面白かったりする…。


まず、初代、そして現在のフロントである伊東たけしさんは
私の中のイメージだと良くも悪くも暴れん坊!!
荒削りな部分もあるけれど、バラードを吹かせたらやっぱり3人の中ではたけしが1番泣ける!!
たけし・和泉宏隆コンビは最強のバラードコンビだと思う!!
安藤さんのギターに1番あうのも間違いなくたけし!!

で、2代目の本田雅人さん。
テクニックが1番スゴイのは絶対に本田さん!!
「GRAVITY」にボーナストラックで入っている「Japanese Soul Brothers」での
3人のソロ回しを聴くと、その差は歴然!!
あと本田さん作曲の曲が好きだからっていうのと本田期はEWIの曲でイイ曲が多いからっていうのも大きいのかな?
ノリ・ストコンビのリズム隊と1番相性がイイのは本田さん!!
ただ、本田バラードはいまいち好きになれないというか、泣けない…(爆)。

3代目の宮崎隆睦さんは2人の中間って感じかな?
なんといっても音がマイルドでクリア、そしてジャズのフィーリングがしっかり入っている。
クセがないのがイイところでもあり、でも逆にクセがないが故にうまいんだけど個性が弱いのが欠点。
本田さんが前任者だっただけに、始めは頼りなく感じられてしまったのは仕方ない…。
(その分「GRAVITY」では安藤節をたんまり楽しめたけれど…。)
本田さんは最初から完成していたって感じだったけれど、
宮崎さんは3作でどんどん伸びていったって感じ。
それだけに、あの時期にバンド形態解消に伴い脱退せざるをえなくなってしまったのは残念だった…。


で、そんな3人とカツヲを比べると、カツヲに1番近いのは間違いなくたけし!!
2人ともサンボーンのフォロワーであるという点でも共通している。
ただ、カツヲが好きだからといってたけしのスクェアが1番イイのか?と言われるとそうでもない気がするし…う~ん…。
やっぱり1番好きなのは本田期なんだけど、実は最近1番よく聴くのは宮崎さんのスクェアだったりするわけで…
でも宮崎さんのスクェアはあまり「これはスクェアだぞ!!」ってとらえて聴いていないような気がするし…。
う~ん、スクェアは難しいなぁ…。
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-03-06 02:17 | hi・to・ri・go・to
<< DIMENSIONファンへ10... DIMENSIONがまだタマゴ... >>