大黒摩季を改めて聴いてみる。

先日妹(←もちろんフュージョンとは無縁!!)のCDラックをガサゴソあさっていたら
大黒摩季のベストアルバムを発掘!!
「あらまぁ、ウチにこんなモンがあったんだ!!」と思って聴いてみました♪

大黒摩季といえば、(今は移籍しちゃったらしいんだけど)Beingを代表するアーティスト!!
というわけでカツヲやおのきんも参加しているってコトは知っていたのですが…。
大黒摩季はもちろん私もリアルタイムでヒット曲は聴いているので
(って書くとまるで過去の人みたいですが…;苦笑)
収録曲じたいはほとんどもともと知っていたのですが、
改めて聴いてみると面白いもんで感じ方が変わっているというか…。
大黒摩季の歌唱力は文句なしなんだけど、ドラムが全部打ち込みな上にもろ機械的だから
意外と似たような感じの曲に聞こえて疲れる…(爆)。さすが'90年代前半!?
しかも歌モノの黄金パターンというか、1番・2番とやって間奏に入ってドビャー♪っとカツヲのサックス登場、
そして再びサビ、ってパターンばっかり…。どうも私はやっぱり歌モノ体質ではないらしい…。

で、ドビャー♪なカツヲのサックスはどうか?というと、
ありえないフラジオばかりだからってコトもあって、特に「DA・KA・RA」はピッチがビミョー(爆)!?
サックス初心者なので偉そうに言える立場ではありませんが、とにかくアタック勝負!!って感じで
なんか今と比べて音がカタくて安定感がないような気が…。
同時期にあたるディメの初期の曲はそんなに気にならないんだけどなぁ…。
本当にとんでもない音ばかり吹きすぎです!!
でも「恋はメリーゴーランド」の前奏と「いちばん近くにいてね」はカッコよかった(笑)♡
「愛してます」の間奏のサックスの入りを少しいじると
ディメの「Historic Medley」(「Loneliness」収録)のサックスソロの入りになる
と気づいてしまった私はディメの聴きすぎか!?
歌モノは曲の長さが短く、CASIOPEA並(爆)だと感じてしまうのは
5分半超えが普通のフュージョンを聴き慣れてしまっているからなんだろうなぁ…(苦笑)。

というワケでDIMENSIONなんて聴いたコトない!ってあなた、
DIMENSIONは意外とあなたの身近な所にいるんですよ(笑)♪
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-04-04 03:31 | other genre
<< Fusionism流 青春18... 大物は違うっっ!! >>