カテゴリ:new jazz( 2 )
SOIL&“PIMP”SESSIONS

先日ラジオで聴いて一聴きボレしてしまったSOIL&“PIMP”SESSIONS
1st full album「PIMP MASTER」を買っちゃいました♪
コレはスゴイです!!爆音・爆裂DETH JAZZ!!
イっちゃってます!!狂ってるとしか思えません!!てか狂ってます!!
社長のMC、ワケわかんないです!!テンション高すぎです!!
すさまじいフリーのようだけど、実はちゃんと曲として成り立っているあたり、天才的です!!
一見かわいいピエロのジャケットだけど、中を開けるととんでもないことになっています!!

JAZZ LIFEの最新号にインタビューが載っているんですが、
サックスの元晴さんは、音大に行ったもののジャズがイヤでイヤで仕方なかったのでやめてしまい、
その後競馬で万馬券を当ててそれを軍資金にしてバークリーへ留学したんだとか!!
すげぇ~、カッチョエエ~!!アウトロー、万歳~!!

ディメファンやフュージョンファン的にはどうなのかよくわからないけれど、
PE'Zや(私は詳しくないけれど)スカパラが好きな人なら絶対にコレはハマります!!
是非、お試しあれ!!
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-02-16 01:49 | new jazz
BRIGHTEST☆HOPE

そういえば私、今年に入ってからまだ一度もまともなCDレビューを書いていなかったですよね…。
というわけで久しぶりのCDレビューは新年一発目(と言うには遅すぎますが…)にふさわしく
今年さらなる活躍が期待されるurbです!!

“urb”と書いて“アーブ”と読みます。
urbはSHOTA(key)・NOB(G)・WATARU(B)・BEN(ds)・ISAMU(sax)・RUIKE(tp)の6人からなる
Jazz系Jamバンド。6人のうちSHOTAとBENの2人はバークリー音大出なので、その実力は折り紙付きです!!
2002年に横浜でSHOTAとNOBを中心に結成し、
横浜や渋谷のライブハウスやクラブ、ストリートで活動するうちに現在の6人の形になり、
2003年小沼ようすけ(G)のバックバンドとして斑尾Jazz Festivalに出演し、一躍脚光を浴びます。
そして昨年ついにメジャーデビューを果たし、今年はますますの活躍が期待されます。
私としても今年是非新たにライブへ行ってみたいバンドの1つです。

urbはよくPE'Zとまとめてひとくくりみたいな扱われ方をされていますが、
PE'Zとは構成的には似ていてもだいぶ違うんだなぁ~。
なんていうかurbはPE'Zほどうるさくないっていうか、PE'Zと比べて洗練されているというか…
…まあ、私はPE'Zの荒削りな感じもそれはそれで好きですが。
Jam的要素が強いからSouliveあたりの方がむしろ近いのかなぁ…?
でもPE'Zが好きだけどurbは聴いたことないって人がもしもいたら、urbも聴いてみて損はないと思います。

ちなみにトランペットのRUIKEさん、顔がもろ私のタイプです(笑)!!
誰か私にRUIKE系の顔の男性を紹介して下さい(爆)!!


で、昨年2月に出たデビューミニアルバム「urb」(通称;赤アーブ)と
7月に出たurbを逆さまから読んだタイトルの2ndミニアルバム「bru」(通称;青アーブ)の2枚を
ワンセットでデビューアルバムとしてとらえるのがどうやら正しいらしいです。
なので今回はまとめて2枚紹介します。



まずは赤アーブから。収録曲は以下のとおり。

VOODOO
BOSSA NO.5
WHATSOEVER
SAY SOMETHIN'
NOT BAD
FROST BITE

なんといってもおススメは②ですね。
裏打ちのドラムスとベースの上をギターとエレピがかわるがわるメロをとり、
そこにホーンセクション的にトランペットとサックスがからむのがいいです!!
ギターのカッティングがスゴイ私的にはツボ♪
Rhodesを使っているあたりも私的にはポイント高し!!縦ノリで気持ちよく聴ける曲です。

⑥も好きな曲ですね。やはり私は裏打ちとカッティングに弱いらしい…。
こちらは2管がメインになっている曲です。
やっぱりトランペットとテナーサックスは相性がいいよなぁ~。



続いて青アーブ
まずハマっ子(=横浜人)的に目が行くのはこのジャケット!!
海外の地下鉄の駅!?ってだまされた人も多いのでは?
ハマっ子の私は見た瞬間「ん、あやしい…」と気付いちゃいました。
これはurbが育った2つの街である渋谷と横浜を結ぶあの電車の
urbがホームグラウンド的にライブをしているMotion Blue YOKOHAMAの最寄り駅ですね!!
ハマっ子的には押さえるべきところを押さえてもらっていてうれしいです(笑)。
まあ横浜以外の方にはちんぷんかんぷんでしょうが…。

で、収録曲はこちら。

CHANGES
WAH-WHO (LIVE)
SOMEHOW (LOST IN THE CITY)
EXPERIMENT
LET ME GO
BACK IN THE DAYS (LIVE)

おススメはなんといっても④!!
人力ドラムンベースの上にインプロビゼーション的にピアノ・トランペット・サックスがからむ
近未来的でcoolなナンバーです。
トランペットはこの曲ではミュートをつけているんですが、すごく音が曲にあっています!!
ライブを大切にし、打ち込みは使わない派のurbが
ノイズを入れたりドラムンベース的アプローチを取り入れたりしていて、
ある意味今後を占う意欲作と言える曲なんじゃないかな?
私としてはこういう曲もどんどんやって欲しいです!!

2管がメインをとる①も思わず手拍子をしたくなっちゃうほどノリノリな曲で好きです!!
こちらは万人受けしそうな感じ♪

②と⑥は彼らの真骨頂であるLIVEからの録音。
スリリングなインプロビゼーションの応酬はストリート仕込みだけのことはあって流石です!!




そんなurbの待望の1stフルアルバムが1月19日リリースされます!!
タイトルは「afterdark」
さらに2~3月はアルバムを携えてのツアーもあるらしいです!!
2005年は彼らからますます目が離せなさそうですネ!!
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-01-13 20:54 | new jazz