<   2004年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
「Loneliness」フラゲ成功!!
b0060744_12593490.jpg
Getしちゃいました♪
これから封をあけて聴きます!感想はまた後で!
[PR]
by fusionism-wakame | 2004-11-30 12:59 | hi・to・ri・go・to
11th Dimension “Key”

金曜日に発送されたらしいFC会報が届かないのが私としては気になってしょうがないのですが、
今日もディメの旧作を紹介。
というわけで'98年のアルバム「11th Dimension “Key”」です。


一言でこのアルバムの特徴を言うととにかくポップ!!
全体的に聞きやすいアルバムです。
打ち込みが多用されているので、フュージョンは聴かなくても打ち込みサウンドに抵抗がない人なら
すーっと入り込めると思います。

写真を見て勘のいい人は「あれっ!?」って思ったかもしれませんが、
インナーが丸いのが5つつながった斬新な形になっていて、
自分が好きなデザインの面を外側にすることが出来ます。
これがかわいいんだけど、扱いづらい・・・(苦笑)。破れちゃわないかハラハラです・・・。
そのうちの一面は“11”にちなんでサッカーの絵。
ディメのジャケットには数字にちなんだシャレがよく隠れているんですが今回はこう来ましたかぁ~。
カツヲが元サッカー部だからっていうのも関係あるのかなぁ・・・?



では、一曲ずつ詳しく・・・。

①Magic One
②Key
最初の2曲はつながっています。
①は縦ノリな曲。ますやんのギターによってくり返されるリフの上をカツヲがパワフルブロー!!
②は一転してジャジーな曲。
ドラムス(打ち込み)がチクチーチクチー言っているし、ベースも打ち込みだけどウッドベースっぽい音です。
Aメロのカツヲとますやんのハモリが好き♪
そしてジャジーな曲といえばおのきん!!ピアノソロは本領発揮!!って感じです。

③Someday
万人受けしそうな曲。ますやんのアコギがイイ感じ☆
私の中ではビバリーヒルズ青春白書的アメリカンなイメージの曲(笑)。

④Alone In Love
邦題「恋心」で知られるバラード。クリスマスをイメージした曲です。
カツヲのアルトの音色が甘~く切ないです。
そしておのきんのキーボードが曲のスケールをドラマティックに広げてくれます。
泣けます!!

⑤Sun Dance
エレクトリカルポップ的側面の強いダンサブルなナンバー。テクノ好きの人におススメ。
でも機械音が苦手な人もご安心を!!ベースはもろ打ち込みで機械的だけど、
上物がアコギとアルトサックスとアコースティックなので、生音と機械音のバランスがよく聞きやすいです。
このアルバムの中で私が特に好きな曲。

⑥Color Of Days
1日の空の色を時間を追って表現した、ディメにしては珍しい組曲風の曲。
最後の方の日が昇ってくるところがドラマティックで気持ちいいです。

⑦Moment
アーバンでジャジーなナンバー。
カツヲ節炸裂!!もろフラジオ、「ピーーーー♪」ってロングトーンがすごいです!!
そんなカツヲのサックスを支えるますやんのカッティングがまた気持ちいいです。
ライブでも終盤に盛り上がる曲です。ノリやすいし♪
サックスフィーチャーなのでこの曲も私にとってお気に入り度高し!!

⑧I Don't Wanna Cry
アーバングルーブなミディアムナンバー。
カツヲの魅力=フラジオというイメージが強いですが、この曲を聴くと、中音域もいいなぁ~と思ってしまいます。
ま、結論、カツヲはうまいっ!!(←当たり前だろ;笑)

⑨Shadow Of A Memory
この曲も私の中ではビバリーヒルズ青春白書的なアメリカンなイメージ(笑)。
でもブリティッシュな気もちょっとする・・・(謎)。
ビートルズ系が好きな人にも聞きやすいのでは?

⑩What's Rare?
4つ打ちビートでエレクトリカルポップ的側面の強いナンバー。こちらはハウス好きの人におススメ。
あと松本圭司時代のT-SQUAREファンにもおススメ!!(←かなりピンポイントだ・・・。)
落ち着いた曲ではなく、こういうまだこの後続きそうな曲であえてアルバムをしめるのは珍しいパターンかも。
[PR]
by fusionism-wakame | 2004-11-29 04:14 | fusion
二枚目だ…
DIMENSIONのオフィシャルホームページのtopの写真が新しくなってる!!
Newアルバム用の写真だぁー、たぶん!!
きゃー、DIMENSIONなのに二枚目路線なんですけど…(爆)!!二枚目路線なんですけど…二枚目路線なんですけど…
(↑エコーがかかった感じで読んで下さい;笑)
カツヲ、あごひきすぎだからっっ(笑)!!恥ずかしいからそんなに見つめないでおくれ(爆)!!
しかも半分影になっているあたりがなんとも…。
ホントいっつも思うんだけど、カツヲってなんで写真はこんなに二枚目なんだろう…?
(実物は失礼だけど二枚目ではありません…;爆。)
ますやん、斜めな感じが渋いっす!!中年の魅力(笑)☆中年マンセー!!いぶし銀な中年、大好き(爆)♪



にしても、おのきんの顔だけ昔のtopの写真がかぶっていて見えないのはナゼ…?
ま、まさか、何か笑える要素が隠されてるってコト!?(なワケないだろ!!)
('04,11,21 記)

おのきんの顔もちゃんと見られるようになりました。よかったよかった☆
うーん、おのきんはまあ特につっこみどころはないっすねぇ~。
カバーアルバムで、3人が3方向を向いている写真ってコトは、
先達への敬意を払いつつも、未来を見据えて、
現在進行形でDIMENSIONは進化し、走り続けるって意味なのかな?
となると視線的にますやんが過去?カツヲが現在?おのきんが未来ってコト?
うーん、わからん・・・。
Uっち以外の皆様も是非、ディメファンではない一般人として
この二枚目路線(?)写真についてどう思うか、意見求ム!! ('04,11,26 追記)
[PR]
by fusionism-wakame | 2004-11-26 03:50 | hi・to・ri・go・to
気になるCD、目白押し♪
年末に向けて各アーティストともリリースラッシュなのか、気になるCDが目白押しです!



まずは現代アルトサックスの雄、David Sanborn様の「CLOSER」
還暦を来年に控え、ますます円熟味を増しているサンボーン様。
ファンの中には昔のファンキーなサンボーンの復活を望んでいる人も多いみたいですが、
私は「Straight to the Heart」に代表される彼の泣きの音色が好きなので、
今回の新作は大いに気になります。



お次は今年デビュー25周年を迎えたJ-FUSION界の大御所、CASIOPEA「MARBLE」
なんと25周年にちなんで1曲目の「UNIVERSE」はジャスト25分の大作!
しかもtempo=125で、2度と5度のスケールは禁止という徹底ぶり!
とんでもないことをしますね~、野呂さんは。さすが老舗の頑固者バンド(笑)!
ちょっと聴くのに疲れちゃいそうだけど、やっぱカシなので押さえておきたいです。



ガラリと売れ線に変わりまして、次は平井堅「SENTIMENTALovers」です。
やっぱケンケンはイイですよね~。寒い日にはこの人の甘く切ない歌声を聴きたくなります♪



そしてB'zのギター、松本孝弘「House of Strings」です。
このアルバム、なんと全曲松本さんとオーケストラとの共演なんです!
選曲もB'zの大ヒット曲から松本さんのソロ作品、
これからの季節にぴったりなクリスマスソングも入っているかと思えば、
なぜかウルトラマンのテーマまで(笑)!!すごく気になります♪



というわけでこんなに気になる作品があってもとてもじゃないけど全部試聴しているわけ
にいかないし、ましてや買うお金なんてないです…(涙)。



でも本命はやっぱコレっ!発売まであと1週間に迫ったDIMENSION「Loneliness」(笑)。
なんとかして発売日前日にフラゲしたいです!
[PR]
by fusionism-wakame | 2004-11-25 05:40 | hi・to・ri・go・to
初・生PE'Z♪
で、本当はマスアオポンだけのハズだったのですが、
その前に、六本木ヒルズ・アリーナでPE'Zがラジオの公開生放送ライブをやるというので
それを見に行ってきました!
実は私、初・生PE'ZどころかPE'Zってまともに聴いたことなかったんです・・・。ちょろちょろっと何曲かは知っていたけど。
なのでセットリストは調べてきました。
30分という限られた時間だったけれど、その中でガツンと熱い演奏を聴かせてくれました!!

J-WAVE HOLIDAY SPECIAL 「IMAGE FACTORY」 PE'Z live @六本木ヒルズ・アリーナ Set List
①花咲く DON BLA GO!
②AUCTION
③燕返し ~我ココニ侍フ~
④HALE NO SOLA SITA ~LA YELLOW SAMBA
⑤SAMBA DE 恋して




PE'Zって“コワモテの人の集まり”ってイメージがあって、まあ実際約2名コワモテの人がいたんですが(爆)、
サックスの人がルックス的に(カツヲ+福山雅治)÷2って感じでビックリでした!!って何かビミョーなたとえ・・・。
とはいえやっぱり勝田プロの方がアゴもプロでした(爆)!!
サックスやっているとアゴがああなっちゃうのかなぁ・・・(再爆)!?
あ、でも本田さんもたけしも宮崎さんも普通だから大丈夫か(笑)!

キーボードの人、壊れていてスゴかったです・・・。
何か見たことあるような・・・って思っていたら、東京事変もやってるんだって!!な~るほどぉ!!

侍ジャズ(注;ギター侍ではありません!!念のため・・・。)、カッコよかったっス!!
やっぱジャズはウッドベースだよね♪ウッベの音、好き☆
あとジャズはテナーサックスじゃなくちゃね♪こういうのを聴くとテナーもいいよなぁ~と心惹かれてしまう・・・。



それにしてもPE'Zファンは熱かったです・・・。
この後行ったマスアオポンと客層もノリ方も大違い!!
PE'Zファンからちょっとでもフュージョンへ流れて来ないかなぁ・・・?
[PR]
by fusionism-wakame | 2004-11-23 23:50 | live
復活☆マスアオポン♪
行ってきました、復活☆増崎・青木・本田Project!!
DIMENSIONを知る前から本田さんのライブ情報を見て「増崎って人、誰(爆)?」と思いながら
気になっていた増崎・青木・本田Project!!
DIMENSIONを知ってからますます気になる存在になった増崎・青木・本田Project!!
1年前、ますやんのホームページでマスアオポン活動終結宣言を見て、
行かなかったことをひどく後悔し凹んだ増崎・青木・本田Project!!
もうマスアオポンはないのかぁ~と凹んでいたのに、
意外とあっけなく(爆)この度復活してしまった増崎・青木・本田Project!!
そんな伝説の(!?)セッション、増崎・青木・本田Project
念願かなって初参加してきました。(あ、勿論観客として参加ネ…。)



会場のBlues Alley JAPANは、指定席とはいえ当日会場に行ってみないと
自分の席がどこなのかわからないので、
「ますやんサイドがいいなぁ~」と念じていたのですが、
(サックス好きですが、こういうセッションだと譜面台があるから本田さんの正面の席だと本田さんの肩から下は譜面台で隠れてしまうので、斜めから見る方がオイシイのです!)
なんと行ったら見事に2列目ますやんの真ん前だったのです!! It's Magic☆
こんなにますやんが近いの、初めて!!
だってディメのライブだとなぜか私の席は真ん中よりおのきんサイドにしかなったことないんだもん…。
目の前で見るますやんはすごかったです!!
ギターについて詳しくないんで何がすごいかと聞かれても困るんだけど、
フットスイッチってこうなってるんだぁ~などとど素人な感動をしていました(笑)。
フレットの上を舞うティンカーベルもよく見えましたとも☆
ヒラヒラヒラ・・・あっ、ティンカーベルだ(笑)!!(←元ネタは'04,10,10 ディメライブ@BAJ)
あまりにも近かったので、ますやんに「マスアオポンって初めての人います?」って
挙手を求められても、正直に挙げられませんでした…(苦笑)。
本田さんもよく見えましたとも!!手、やっぱきれいでした!!(←をいっっ!!)
その代わり青木さんがほとんど見えなかったんだけど・・・(沈)。まあ仕方ないか・・・。



全く予想できないと書いていた曲目は、なんともう二度とやらないって宣言していたのに
新曲1曲以外は全て旧マスアオポンの定番曲でした・・・。
とは言っても私はマスアオポン自体初めてだから知らない曲も多かったんだけど・・・。
セットリストはこんな感じ。

増崎・青木・本田Project@Blues Alley JAPAN '04,11,23 Set List
[一部]
①Parra (青木智仁)
②Mr.Prayer (増崎孝司)
③Smash (増崎孝司)
④Last Clear Stream (本田雅人 「Illusion」)
⑤BLOODY MARY (青木智仁 「Experience」)
⑥I DECIDED YOU (本田雅人)
[二部]
⑦ROOM #355 (本田雅人)
⑧NOT TOO BAD (青木智仁)
⑨HONDA New-1 (2001 ver.) (本田雅人)
⑩台車 (本田雅人・新曲)
⑪Ds.Solo~SOMEONE LIKE YOU (増崎孝司)
⑫Ms. Rain (青木智仁)
Enc.1. DOUBLE STEPPIN’ (増崎孝司)

[Members]
増崎孝司(G・司会進行)、青木智仁(B)、本田雅人(A.Sax・S.Sax・flu)、鶴谷智生(Ds)、新澤健一郎(Key・Rhodes)




逆にこれだけは確実に・・・と思っていたますやんがFOAKに入れて欲しいとダダをこねる場面はなかったです。
さすがに2枚目のアルバムを聴いたらsmooth色がますます濃くなっていて、
ますやんも「オレが入るバンドではない・・・。」って諦めがついたのかな!?
その代わり本田さんのお父さんネタがめちゃめちゃ面白かったです。
故郷 高知県中村市ではちょっとした有名人だという本田さんのお父さん。
元中学校の音楽教師で、カメラマンとして四万十川の写真集も出しているらしいお父さん。
息子が日本を代表するフュージョンサックスプレーヤーだというのにそんな息子はおまけ扱いで、
メインでローカルのテレビ番組に出てしまうというお父さん。
最近作曲にハマっているけれど、作曲は出来てもアレンジは出来ないので、
やたら細かい指示を出しながら、プロである息子にアレンジを頼んでしまうお父さん。
1枚1枚パソコンで焼いているCDなのに、中村市の小さいレコード屋では息子のCDよりも
ひょっとしたら浜崎あゆみのCDよりも沢山売れているかもというお父さん。
スゴすぎです・・・。さすが偉大なお方はそのお父様も偉大なのね・・・。
本日のMVPは出演していないけど間違いなく本田さんのお父さんでしょう・・・(笑)。
次回は是非ゲストで・・・!?



演奏は全体的にまったりな感じ。
ますやんが「最近はスゴイのを求められる現場が多くて、だんだんそれが普通みたいになってきちゃっているけれど、
これが普通なんです。」みたいなことを言っていたような・・・。
ますやん、アンコールではかなり遊んでいました(笑)。
キーボードの新澤さんは私ははじめましてだったんですが、
(ますやんも新澤さんははじめましてで、最初のメンバー呼び込みの時に「にいざわ健一郎!!」と言ってしまい、
「しんざわ!しんざわ!」って青木さんにつっこまれていましたが、最後もますやん間違えて「にいざわ」って言っていたような気が・・・。)

プログレ風(?)のソロで、普段あまり聞かないようなアプローチだったのが面白かったです。
まったりな選曲だったので、腹八分って感じでしたね。



というわけで、本田さんは相変わらずオトボケで、ますやんは相変わらず1人だけハイテンションで、
青木さんは相変わらず低音注意報(by ますやん)で・・・全体的にまったりな新生マスアオポンでした。
[PR]
by fusionism-wakame | 2004-11-23 23:44 | live
artelligent christmas
b0060744_17215513.jpg
六本木ヒルズは勝ち組のにおいプンプン(苦笑)!!
PE'Zのライブ、カッコよかった~♪
これからマスアオポンに行ってきます!
詳しくはまた後で!
[PR]
by fusionism-wakame | 2004-11-23 17:21 | hi・to・ri・go・to
LIVE! Assemble A Crew @お茶の間(笑)
みなさん、昨日の本田雅人さんのライブのテレビ放送は見てもらえましたか?
いやぁ~、改めて思ったけれど、うちのテレビで見る本田さんライブってなんか変な感じですわ…。
うちのテレビはホームシアターだとかプラズマテレビだとかいう高級品ではなく古くてちっこい奴なので、
生で見てしまった私としては、当社比魅力9割減!!って感じでしたわ…(涙)。
でも普段フュージョンのライブなんか行かないって人にとっては貴重なチャンスだったと思うし、
私は私でテレビで見たからこそ気づけた新たな発見もあったので、まあこれはこれでよかったと…。

まず気づいたのは、本田さんって意外とマウスピースをくわえる位置が深いんだなぁってコト。
やっぱり人によってだいぶアンブシュアって違うものなのね…。
あとこれは今まで全然気にしたことがなかったし、ホントどうでもいいコトなんだけど、
本田さんの手って女性みたいでキレイ(爆)!!
これはちょっといただけませんなぁ~(笑)!!
それでなくても男性なのに女の私より声高いし!!
当日はベースの青木智仁さんの延長線上の席だったので、
位置的に見えにくかったキーボードの松本圭司さんの動きを見られたのはおいしかったっす♪

それにしても、リコーダーメドレーが一部分だけだったとはいえ、まるまるカットはされず、
テレビで放送されてしまったことにはビックリでした。
しかもリコーダーメドレーについて本田さんへのインタビューまであったし!!
たまたま他の番組を見ていたのにその時チャンネルをいじっていたら
リコーダーを吹いている場面に遭遇してしまった人は、さぞかしビックリしただろうなぁ~。
「なんなんだ、この人!???こんな広いステージなのにたった1人でリコーダー4本も吊り下げて吹いてるよ!!」って(笑)。



さてさてそんな本田さんも青木さんも、さらにはますやんまで登場しちゃう
増崎・青木・本田Project(通称:マスアオポン)に23日行ってきます!!
1年ぶりに復活ってコトで、果たしてどんな曲をやるのか全く想像がつきません!!
ただ、1つだけ確実に予想できるのは…
ますやん、また「FOUR OF A KINDに入れてくれ!!」ってダダこねるんだろうなぁ~(笑)。
本田さん・青木さん、もういい加減ますやんもFOAKに入れてあげればいいじゃん、MCとして(爆)!!
ま、FOAKはギターレスなのが重要なんだもんね…。
[PR]
by fusionism-wakame | 2004-11-22 02:03 | media
Ninth Dimension “I is 9th”

さあ、先日ディメのアルバム一言レビューを先にやったので、
ここからはDIMENSIONのアルバムに関してはランダムに思いついた順に紹介していきます。
というわけで今回は、「Ninth Dimension “I is 9th”」です。
3ヶ月連続アルバムリリース、通称「月刊DIMENSION」から約1年を経て発表された
'97年3月のアルバムです。
私の中の勝手な定義だと、超絶技巧重視の1st~5thが第1期DIMENSIONで、
6th~8thの月刊DIMENSIONが第2期DIMENSIONへの架け橋的な1.5期って感じで、
この9thからが第2期にあたるんですが、
このアルバムはまあDIMENSIONにとっては意欲作というか、
それまでと比べて打ち込みを前面に出して使ったり、Hip-Hopテイストを取り入れたりしています。
今のディメのスタイルの先駆け的な作品ですね。
わりとお気に入り度が高いので、よく聴くアルバムの1つです。



というわけで1曲ずつ詳しく…

①Lazy Dog
1曲目から8thまでのDIMENSIONとは変わったぞ!!と感じさせる
打ち込みを全面的に出したナンバーです。
所々にセクシーな女性の声が入ったりして茶目っ気のある曲。

②Head Games
超絶技巧全開!!ハードな変拍子ロック!!
まず出だしからしてスゴイ!!ギター小僧必聴!!ますやんのロック魂全開ギンギンのソロからスタート!!
そして圧巻なのは中間部のサックスソロ!!
音域をフルにどころかフルを超えた高さまでブリブリと使い切り、後半では高速フラジオ!!
スゴすぎです!!ディメの全曲の中で1番好きなカツヲのソロパートです。
リズム隊はもちろん最強リズム隊A.I.(青木智仁;B & 石川雅春;Ds)!!
この2人じゃなきゃこの曲は成立しえない!!

③One and Three
DIMENSION流Hip-Hopナンバー。
打ち込みを大胆に使い、スクラッチ音やDJの声まで入り、完璧Hip-Hop!!
その上をカツヲのサックスが歌っています♪

④I is 9th
「One and Three」がいきなりぶつっと切れて始まるのは、
アルバムの副題にもなっている超高速ナンバー「I is 9th」!!
変なタイトルだなぁ…と最初は思ったんだけど、アルファベットでIは9番目だからこういうタイトルなんですね…。
この曲も②同様A.I.のハードなリズムの上を(ディメの)3人が縦横無尽に代わる代わる走り回っています。

⑤Close to Your Heart
前曲とは一転、AOR調のミディアムナンバー。
カツヲのサックスの音色がメロウでイイ感じです!!

⑥Jazz Cigarette
ますやんのギターとおのきんのRhodesでコロコロ転がる
イントロと中間に出てくるフレーズが印象的な渋めのナンバー。
ライブ定番曲の1つ。カツヲのソロパートの間でますやんがタバコに火をつけ、
くわえながらギターを弾くパフォーマンスもすっかりおなじみです。
このCDに収録されているバージョンはあまりJazzっぽさが感じられないのですが、
ライブではJazzっぽいアレンジで演奏されます。
このJazzっぽいアレンジの「Jazz Cigarette」が私はすごく好きなんだけど、
CD化されていないんだよね…。
次のライブアルバムには絶対に収録して欲しい!!

⑦Don't You Worry

⑧White of Blue

⑨Brighter in Your Life
T-SQUAREで例えれば「明日への扉」系、タイトル通りとってもさわやかで明るい曲。
フュージョン初心者にも気に入ってもらえそうな曲。
キャッチーなメロディーが歌モノっぽい。
パッと聴いた感じは比較的テクニカルではないけれど、
サックスは全体的にキーが高いから難しそう…。

⑩Yes or No ?
♪ダダッンダッダッダッダッダッダッ
これに尽きます(笑)!!
ライブ終盤で盛り上がる曲♪
[PR]
by fusionism-wakame | 2004-11-21 02:55 | fusion
「Loneliness」試聴開始!!
DIMENSIONのオフィシャルホームページでNewアルバム「Loneliness」の試聴が出来るようになっていたので
さっそく聴いてきました!!(ただしオリジナル曲4曲のみ)
第一印象では「Dancer In The Light」がイイ感じ♪
「Nudistic」「Rise」に続くDance系の名曲になりそうな予感☆絶対Liveで盛り上がりそう!!
「Respectacles」はなんか今までなかったタイプの曲?よくわからなかったです…。
路線的には14thに近いのかなぁ?まあカバーがどうなのかわからないけれど…。
否が応でも期待が高まるっっ!!



カツヲの掲示板での野郎ファンのカキコがすごくおもろい…。
しかもカツヲ様が降臨してちゃんとセッティングについて答えてるし!!カツヲ、いい人だぁ~(涙)!!!
でも気になるのは、7時1分という書き込み時刻。
早起きして7時1分からカキコしてるのか、飲んで騒いで夜を明かしての7時1分なのか…?やっぱ後者かな???
なんとなく書き方からしてケータイからっぽい…。こんなことを推察している私って…(汗)。
だいたい私もこんな時刻にネットしてるって…(恥)。
「ADLIB」誌、見に行かなきゃ!!(←をいっっっ!!!)
[PR]
by fusionism-wakame | 2004-11-19 11:16 | hi・to・ri・go・to