<   2005年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
頑張れ、井口選手!!
昨日に続き、またスポーツネタから入るのかい!?って感じですが…
井口資仁選手、米大リーグ・ホワイトソックス入りが決まったみたいですネ!!
また日本からメジャーリーガー誕生☆というワケで是非頑張ってもらいたい!!


というわけで祝・井口選手大リーグ入り決定記念ってコトで今日紹介するCDはこちら!!


BATTLE EYE / 井口資仁プロデュース

井口選手プロデュースの盲導犬のチャリティーCDです。
先に言っておきましょう、私、井口選手のファンではありません!!
というかプロ野球はよくわかりません…。
じゃあなんでこんなCDを持ってるのか?って?
答えは簡単、ますやんが全曲作曲&演奏しているから(笑)!!

そうなんです、このCD、井口選手のチャリティー活動の趣旨に賛同した
DIMENSIONのギタリストであるますやんこと増崎孝司さんが
スポーツと音楽の融合“SPORSIC”をテーマに
井口選手が提案したコンセプトから楽曲を作り、演奏しているギターインスト作品なのです!!
だからまあ聴いている側的にはますやんのソロ作品みたいなモン(爆)!!


CDとDVDの2枚組になっているので、まずCDから説明しましょう。
収録曲は以下4曲。

Battle Eye
Scramble
Champion Road
Cool Down

もうすっごいっすよ、①と②は!!ギンギンゴンゴンのハードロック(笑)!!
「Tones」(DIMENSION 「Fifth Dimension」収録)並、いや「Tones」以上に激しいです!!
ますやん、こんなにすごいコト出来るんだったら
DIMENSIONでも出し惜しみせずにやってくれればいいのに…って感じですが、
DIMENSIONは「100mで10秒を切る為に音楽をやってる訳ではない」(by おのきん)ので…(笑)。
まあディメで出来ない分暴れてるって感じですかね?
「100mで10秒を切る為の音楽」ですね、この2曲は(笑)。もうぐうぃんぐうぃんいっちゃてるし!!
②を弾いている時のますやんは(気持ち的には)髪が長いみたいです(笑)。
ラーメンを食べる時にかきあげないといけないくらい長いらしいです…。

で、一転して③は「Champion Road」ってタイトルにふさわしく
のびやかなディストーションが泣ける感じの曲です。
この曲に限らず4曲ともまさにタイトルと曲のイメージがぴったりはまっていますね!!

④は“試合後の高ぶっている神経をcool downさせる為に聴く曲”というコンセプトにぴったりな曲です。
この曲はますやんエレアコなのかな?アコギではないですよね?
ゴメンナサイ、ギター詳しくないので自信ないです…。

ディメと比べて打ち込みが機械的で安っぽい感じがしてしまうのは否めませんが、
スポーツシーンだけでなくドライブのお供にも使えそうなCDです。
①と②は運動会のBGMにも使えそう(笑)♪



で、問題のPremium DVD。
01 Scramble
02 Champion Road
Making

と書かれているんですが…。

再生してみると、あ~、もうイタすぎて見ていられません(爆)!!
井口選手が真っ赤なフェラーリで高速を飛ばしていたり、トレーニングしていたり、
浜辺で犬と戯れていたりする映像なんです!!
もう私は恥ずかしくてとても見ていられないので1回しか見てないです(爆)!!
写真といいこのDVDといい、井口選手本人は恥ずかしくないんですかねぇ?
10年後に見たら絶対吹き出すと私は思うんですけど…。
子供が見たら「こんなお父さんイヤだ、恥ずかしい!!」って思うと思うんですけど…。
Makingもますやんと井口選手が曲のコンセプトについて
打ち合わせしているようなMaking映像なのかなぁ?と思って期待して見てみたら
フェラーリやトレーニングなどのイタイ映像のMaking風景だったし(沈)!!
絶対曲作りのMakingに興味がある人の方が多いと思うんですけどぉ…
井口ファンだってどうやってますやんにコンセプトを伝えたのか気になっているんじゃないかなぁ?
そんなコトはない?それはますやん贔屓なのかなぁ?

DVDなしにしてもうちょっと安くしてくれれば…って思わなくもないんですが、
盲導犬に生かしてくれれば…ってことで我慢するコトにします…ハイっっ…(苦笑)。

最後にちょっとしたトリビアを…
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-01-29 16:06 | instr.
あったらイイな、こんな辞書☆
フランス・マルセイユに移籍が決まったサッカー・鹿島アントラーズの中田浩二選手のファンサイトには、
広辞苑ならぬ浩二苑なるコーナーがあるらしく、
辞書形式で50音順で中田選手にまつわる言葉やエピソードが紹介されているらしいです。



それじゃあ、DIMENSIONもdictionaryならぬDIMEctionaryがあったら…面白そう♪

アニータ、パンイチ、ヨン様、ペ・アキラ、ギターヒーロー、全日本なで肩協会、加齢臭、離岸流、マジック点灯、ロックンロールエンジェル幻、機関車トーマス、なんだいトム?、1192作ろう平安時代、fire picture horse year、痛快!Se.le.ne通り、小休止、ルイ・ヴィトンとシャネル、HARDCORE FUCKER、「吹くたび、俺の音楽に近づいていく。」、サックス侍、名古屋人、ごとうちそんぐ、ぷんぷんパトロール、ツアーより自分の時間、ハイオク満タン、デイアフタートゥモロー状態、勝田プロ…

私にはとても作れません!!
でも見てみたい♡(←他人まかせな奴;爆)
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-01-28 09:50 | road to DIMENSIONバカ
欲しい欲しいと思いつつ買っていないCD
独り言・その1→「山口、すげぇ~!!熱いなぁ~、ログハウス!!」
独り言・その2→「カツヲ様が自画自賛しちゃうほどの“極上の仕事”、見られない自分が…うぅぅ…。」



さてっっ、ずっと欲しい欲しいと思いつつ未だに買っていないCDがこれっ!!→

Mouth to Hands / A.O.I

A.O.I(アオイ)とはキーボーディストの
高橋亜土さんと
元T-SQUAREのサックスプレーヤー宮崎隆睦さんのデュオ。
AORならぬAdult Oriented Insturumentalだからfusionではない
というか某雑誌でのインタビューによるとfusion禁止(笑)らしいもんだから、
「fusionじゃないのかぁ~」と思って期待せずにいた(爆)んだけど、
CHICKEN GEORGE RECORDSのホームページで試聴してみたところ
これが非常にイイ!!右の写真と同じジャケットの写真をクリックすると
なんと太っ腹なコトにまるまる一曲試聴出来るんだけど、ワカメはやられました(笑)。
だまされたと思って是非聴いてみて下さい!!
すごくオトナな感じで、宮崎さんのマイルドで歌心のある持ち味がよく出ています。打ち込みもとってもグー☆

というわけで是非他の曲も聴いてみたい!!CD欲しい!!ってずっと思いつつも未だに買っていない…。
とりあえずこの一曲で我慢しているという現状…。
何か自分のご褒美用にでもとっておこうかなぁ~?
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-01-27 09:21 | hi・to・ri・go・to
ツアーも折り返し地点に♪
ワカメ嬢のお腹が痛いのはノロウイルスのせいではありません。
野呂ウイルスにもかかっていません(笑)。
でも勝田ウイルスには間違いなくかかっているんだろうなぁ…慢性的に(爆)!!
良性のウイルスだよね、たぶん…?



カツヲのホームページのBBSにまたもやご本人様からメッセージがっっ!!
最近降臨の頻度が高いですなぁ~♪うれしい限りじゃ☆

「久々のDIMENSIONツアーは体調も良く、
名古屋・福岡ブルーノートでのライブの出来も上々です。」


おお、充実したツアーのようでいいですなぁ~♪
昨日山口も終わったから、これでちょうど半分かぁ~。
通(!?)としてはお金と時間に余裕ありまくりだとしたら、
名古屋BN初日1st→翌日名古屋のラジオを聴く→大阪BN2nd→翌日大阪インストアイベント参加→東京最終日
っていうのが理想かなぁ~、ありえないけど(笑)!!
でも某所でネタバレしまくり、set listまで発見してしまった…。
う~ん、それを見た感想は…ノーコメントで…(苦笑)。
私も石川さんの自家製ハムやベーコンを食べてみたいです、はいっっ。






[本日のテーマソング]
アルメリアホテル / paris match (「QUATRO」より)
歌モノはあまり聴かないですが、パリスマは
好きな歌モノのアーティストBest 5に間違いなく入りますね、私の中では。
ってまたしてもややマニアックなアーティストですが…一言で説明しましょう、
キリン氷結のCMの歌の人たちです(今は違うけど)。
洗練された清涼感あふれるパリスマsoundは家で聴いていても
おしゃれなカフェにいるような気分にさせてくれます。
記録的猛暑だった昨年の夏は大変お世話になりました。まあ今はちょっと季節はずれだけど…(苦笑)。
で、今日の気分は「アルメリアホテル」。
独特のうねるようなベースラインに透明感あふれるミズノマリさんのボーカル、そこにからむホーン。
軽快なsoundが憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれます…と言いたいところだけど、やっぱりお腹が痛い…。
ちなみに同アルバムにディメもカバーしているクリストファー・クロスの
「ARTHUR’S THEME (BEST THAT YOU CAN DO)」も入っていますが、
パリスマ版はボサノバ調で、NYって言うよりもリオデジャネイロの休日って感じ…。ビミョー…!?
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-01-24 09:57 | hi・to・ri・go・to
今更ですが…
DIMENSION「Loneliness」関連の雑誌掲載がとりあえず出揃いました。
もう既に店頭から消えてしまっているものもあるので今更…って感じですが、
全てにワカメ流ツッコミを入れてしまおうかと思います(笑)。
一応発売順で紹介しましょう。


ADLIB 2004年12月号
「えっ、ADLIBなのにこれだけ!?」って少なさでガッカリ…。
でもCD発売前唯一の雑誌掲載だったので買ってしまった…。


music freak Magazine 2004年12月号
所属レコード会社のフリーペーパー。白黒で2ページ。
原曲の解説とメンバーによるセルフライナーノーツで、内容は3つ折りのチラシとほぼ同じ。
でも別に1ページ「Loneliness」の広告がついているのがオイシイ(笑)☆


JAZZ LIFE 1月号
インタビューカラー2ページ。このインタビューが1番イイ!!
ライターさんも私の好きな人で、「お、よくぞ聞いて欲しいところを聞いてくれました!!」って感じ。
なぜ原曲がサックスメインの曲が入っていないのかについて、なるほどぉ~って感じ。
もちろん買い♪


MUSIC TOWN 205号
新星堂のフリーペーパー。おのきんへのインタビュー1ページ。
「100mで10秒を切る為に音楽をやってる訳ではない」とか
「意外とクラプトンには皆特別な思い入れは無い」とか「メドレーってのはどうなんだ!?」とか
さりげなく爆弾発言をしているあたりに大ウケ!!
それにしても誤字・脱字・日本語が変なところ多スギ…。


月刊エレクトーン 1月号
おのきんへのインタビュー1ページ。
内容が「MUSIC TOWN」とわりとかぶっていたので買っていない…。
ただしエレクトーン雑誌なのでプレーヤーへのメッセージ有。
たぶん同じ日にインタビューに答えたのだと思われる…。


SOUND DESIGNER 2月号
なんと表紙がT-SQUAREの安藤まさひろさんとますやんの2ショット!!2人とも目がないんすけど…。
で、中は安藤さんとますやんの対談がカラーで4ページとますやんの機材紹介がカラーで3ページ。
宅録ギタリスト向けの雑誌なので私には内容はほとんど理解不能なんだけど、
ギターとサックスの共存についてあまりにも過激な発言が乱発していて爆笑!!
しかもますやん、寡黙な安藤さんの3倍はしゃべっていて暴走しまくりだし!!
これたけしやカツヲはともかく、本田さんが読んだらどういう反応をするんだろう…?


Guitar Magazine 2月号
ますやんへのインタビューが白黒で2ページ。
今回はマジメにDIMENSIONの1メンバーという立場とギタリストとしての立場の両方から
「Loneliness」について語っています。
さすがますやん!!とは思ったけど、買っていない…。
ちなみに特集のギタリストへのアンケートコーナーで、ますやんと矢堀孝一さんは
相思相愛であることが発覚!!う~ん、美しい☆


JAZZ LIFE 2月号
12月3日、六本木・STB139 スイートベイジルで行われた
「Live Dimensional-GIG '04 “Loneliness” アルバム発売記念ライブ」のレポートが白黒で2ページ。
そして終盤、「Nudistic」へ。(中略)この日も自然と客席はスタンディング状態に。
→“自然と”じゃなくてワカメが仕掛けたのです(爆)!!
 ああ、「Jungle Dancer」で仕掛けなかったのが悔やまれる…。(←めちゃめちゃ後引きまくりの私…。)
ステージ上では、(「Nudistic」の)前奏からサックスのメロディーに入ったとき、増崎はギターを弾かずに客席をぐるっと見回して、満足げな顔で手拍子をとっていた。
→えっ、そんなの覚えていないなぁ…。ますやん、私に気付いてくれたかしら?(←をいっ!!)
他にもCASIOPEA with Synchronized DNAやDavid Sanborn、PE'ZやFOUR OF A KINDのライブレポや
urbのインタビュー、藤陵雅裕さんのサックスクリニックのレポートなど私的にはおいしい記事だらけで、
ふんふん…と読み、パタリと閉じると、うわっ!!カツヲ登場!!
裏表紙がカツヲの「吹くたび、俺の音楽に近づいていく。」の広告だった…。
というわけで勿論購入!!(決してカツヲの広告が買った決め手ではない…;笑)


JAZZ GUITAR BOOK vol.4
ますやんへのインタビューが白黒で3ページ。
内容は「Loneliness」について、機材について、自らの音楽のルーツについて。
感想 ; ますやんのお兄さんはエライ!!
それにしてもますやんの名前の前についている冠が…
“日本のフュージョン・ギターの重鎮”(←曖昧な記憶だから違うかも?)って…随分と仰々しいですなぁ…。


ADLIB 2月号
12月3日、六本木・STB139 スイートベイジルで行われた
「Live Dimensional-GIG '04 “Loneliness” アルバム発売記念ライブ」のレポートが白黒で1/2ページ。
そして、後半、「Jungle Dancer」から客席も総立ちとなり、…(以下、省略)
→だったらよかったんだけどね…ホントに…そうしたかった…。(←またもや未練タラタラ…。)


CDジャーナル 2月号
メンバー3人揃ってのインタビュー1ページ。
短い割にはとっても内容のあるインタビューでよくまとまっている。
「このアルバムを作ることによって、“何をやってもDIMENSIONになる”っていうことが
証明できたと思ってます。」
(by ますやん)っていうのは
私も「Loneliness」を聞き込む中で強く感じたことだったので、とっても納得。
ただ、「2004年のジミ・ヘンドリックスはきっとジャズ・ギタリストになってたと思うんですよ。」 (by ますやん)と
なぜかジャンルがJ-POPになっているのはちょっと疑問…。



というわけでここまで読んだ方なら簡単に気付いたでしょうが、
カツヲだけは単独インタビューがありません!!
まあギター雑誌や鍵盤関連の雑誌と比べて管楽器雑誌っていうのはマニアックなジャンルで
季刊モノが中心だからって事情もあるからなんだけど…。
でも私としてはカツヲのマジメなお話もじっくり読んでみたいというかもっと知りたいというか…。
私が仮に音楽ライターだとしてカツヲ様に「Loneliness」についてインタビュー出来るとしたら、
こんなコトを聞いてみたい!!(ありえない話ですが…;苦笑)

☆カツヲにとって「Loneliness」の制作過程(楽曲のアレンジ)において苦労した点・気を付けた点は?
☆初のカバーアルバムということで、今までと何か違う点はあったか?
☆カバーで作品を出すことに対して抵抗はなかったか?
☆レコーディングでサックスを吹く際に心がけた点は?
☆メロディーメイカーとして、曲のイメージをどのように作っていったのか?
☆収録曲の中でカツヲselectの曲は?カツヲがやってみたかったけれどボツった曲は?
☆カツヲのおススメ曲は?
☆JAFROSAXをやったことがDIMENSIONや「Loneliness」にはどう影響しているか?
☆「Respectacles」や「Walking On The Moon」での引き気味のプレーは
 聴いていて新境地を開拓したような気がしたが、その点について本人はどう思っているのか?
☆今後DIMENSIONでチャレンジしてみたい方向性は?
 JAFROSAXは続けていくのか?それとも新たなprojectに挑戦するのか?

まあこんなモンでしょうかねぇ?
音楽ライターさんか管楽器雑誌の編集者さん、見ていらしたら(見ていないと思うけど;苦笑)
ご検討よろしくお願いします!!

でもファンクラブの企画でこういうのがあったら面白そうだよなぁ?
会員2人 対 メンバー1人で対談をして会報に掲載したりしたら…。
Three-Dさん(ディメのオフィシャルファンクラブ)にこの企画を売り込んでみようかなぁ(笑)?
そしたらワカメがついに会報デビューしちゃったりして(爆)!?(←をいっっ!!)
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-01-22 13:14 | media
鉄道と音楽が…
最近、このお方もblogにハマっているらしいです!!


うーん、タイトルがH2Oっぽいって思ったのは私だけ……じゃないですよね?
こういうタイトルの番組をマニアックなCSでやっていそう!!って思ったのも私だけ……じゃないですよね?



DIMENSIONの方々のblogも是非見てみたいモンです…。

そんなディメは明日の福岡Blue Noteからツアー再開!!福岡頑張れ♪
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-01-20 19:20 | hi・to・ri・go・to
一見さん大歓迎☆
カツヲのホームページのBBSで、「『Loneliness』を聴いて気に入ったので
おススメのディメのアルバムを教えてもらえませんか?」という新参者ファンさんを発見!!
というわけで不肖ワカメ、「ここぞ私の出番!!」といわんばかりにカキコして参りました(笑)。
こういう方にこそ、是非うちのblogに来ていただきたい!!
しかーし、カツヲ様ご本人もたまに降臨するBBSなもんだから、blogのアドレスをカキコ出来ない…。
ってかこんなに言いたい放題書きまくっているblogをご本人様に見られたらマズすぎる…。


さて、さりげな~く新コンテンツを作ったコトに皆様お気づきでしょうか?
大してというか全く意味のないコーナーなんだけど…(苦笑)。
ネタを思いつき次第ちょこちょこイジっていくつもり…。
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-01-17 02:07 | hi・to・ri・go・to
iPod Shuffle

アップルから新しくiPod Shuffleが出るんですって!!
さっきニュースで見てビックリしたんですが、
なんと100円ライター並のサイズで約240曲入るんだとか!!
すごーい!!アップルえらーい!!って思いっきりWindows派なんだけど…(苦笑)。
で、気になるお値段は¥10,980¥16,980!!
これならCDとライブをちょっと我慢すればすぐ買えそう!!
うわぁ~、結構欲しいかも~♪
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-01-13 21:05 | hi・to・ri・go・to
BRIGHTEST☆HOPE

そういえば私、今年に入ってからまだ一度もまともなCDレビューを書いていなかったですよね…。
というわけで久しぶりのCDレビューは新年一発目(と言うには遅すぎますが…)にふさわしく
今年さらなる活躍が期待されるurbです!!

“urb”と書いて“アーブ”と読みます。
urbはSHOTA(key)・NOB(G)・WATARU(B)・BEN(ds)・ISAMU(sax)・RUIKE(tp)の6人からなる
Jazz系Jamバンド。6人のうちSHOTAとBENの2人はバークリー音大出なので、その実力は折り紙付きです!!
2002年に横浜でSHOTAとNOBを中心に結成し、
横浜や渋谷のライブハウスやクラブ、ストリートで活動するうちに現在の6人の形になり、
2003年小沼ようすけ(G)のバックバンドとして斑尾Jazz Festivalに出演し、一躍脚光を浴びます。
そして昨年ついにメジャーデビューを果たし、今年はますますの活躍が期待されます。
私としても今年是非新たにライブへ行ってみたいバンドの1つです。

urbはよくPE'Zとまとめてひとくくりみたいな扱われ方をされていますが、
PE'Zとは構成的には似ていてもだいぶ違うんだなぁ~。
なんていうかurbはPE'Zほどうるさくないっていうか、PE'Zと比べて洗練されているというか…
…まあ、私はPE'Zの荒削りな感じもそれはそれで好きですが。
Jam的要素が強いからSouliveあたりの方がむしろ近いのかなぁ…?
でもPE'Zが好きだけどurbは聴いたことないって人がもしもいたら、urbも聴いてみて損はないと思います。

ちなみにトランペットのRUIKEさん、顔がもろ私のタイプです(笑)!!
誰か私にRUIKE系の顔の男性を紹介して下さい(爆)!!


で、昨年2月に出たデビューミニアルバム「urb」(通称;赤アーブ)と
7月に出たurbを逆さまから読んだタイトルの2ndミニアルバム「bru」(通称;青アーブ)の2枚を
ワンセットでデビューアルバムとしてとらえるのがどうやら正しいらしいです。
なので今回はまとめて2枚紹介します。



まずは赤アーブから。収録曲は以下のとおり。

VOODOO
BOSSA NO.5
WHATSOEVER
SAY SOMETHIN'
NOT BAD
FROST BITE

なんといってもおススメは②ですね。
裏打ちのドラムスとベースの上をギターとエレピがかわるがわるメロをとり、
そこにホーンセクション的にトランペットとサックスがからむのがいいです!!
ギターのカッティングがスゴイ私的にはツボ♪
Rhodesを使っているあたりも私的にはポイント高し!!縦ノリで気持ちよく聴ける曲です。

⑥も好きな曲ですね。やはり私は裏打ちとカッティングに弱いらしい…。
こちらは2管がメインになっている曲です。
やっぱりトランペットとテナーサックスは相性がいいよなぁ~。



続いて青アーブ
まずハマっ子(=横浜人)的に目が行くのはこのジャケット!!
海外の地下鉄の駅!?ってだまされた人も多いのでは?
ハマっ子の私は見た瞬間「ん、あやしい…」と気付いちゃいました。
これはurbが育った2つの街である渋谷と横浜を結ぶあの電車の
urbがホームグラウンド的にライブをしているMotion Blue YOKOHAMAの最寄り駅ですね!!
ハマっ子的には押さえるべきところを押さえてもらっていてうれしいです(笑)。
まあ横浜以外の方にはちんぷんかんぷんでしょうが…。

で、収録曲はこちら。

CHANGES
WAH-WHO (LIVE)
SOMEHOW (LOST IN THE CITY)
EXPERIMENT
LET ME GO
BACK IN THE DAYS (LIVE)

おススメはなんといっても④!!
人力ドラムンベースの上にインプロビゼーション的にピアノ・トランペット・サックスがからむ
近未来的でcoolなナンバーです。
トランペットはこの曲ではミュートをつけているんですが、すごく音が曲にあっています!!
ライブを大切にし、打ち込みは使わない派のurbが
ノイズを入れたりドラムンベース的アプローチを取り入れたりしていて、
ある意味今後を占う意欲作と言える曲なんじゃないかな?
私としてはこういう曲もどんどんやって欲しいです!!

2管がメインをとる①も思わず手拍子をしたくなっちゃうほどノリノリな曲で好きです!!
こちらは万人受けしそうな感じ♪

②と⑥は彼らの真骨頂であるLIVEからの録音。
スリリングなインプロビゼーションの応酬はストリート仕込みだけのことはあって流石です!!




そんなurbの待望の1stフルアルバムが1月19日リリースされます!!
タイトルは「afterdark」
さらに2~3月はアルバムを携えてのツアーもあるらしいです!!
2005年は彼らからますます目が離せなさそうですネ!!
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-01-13 20:54 | new jazz
丸ビルライブ
昨日の丸ビルでのラジオの収録ライブ、
丸ビルのどこでやるかわかっていたので「こりゃのぞけん!!」と諦めて行かなかったのですが、
某所で見た情報によると、のぞけなかったけれど、
ちゃんと通りがかりの人むけに会場の外にスピーカーが置いてあって、
音だけは聴けたらしい…。しかもラジオの収録とは関係ないアンコールもあったんだとか!!
うわぁ~、やっぱ行くだけ行ってみればよかったか!???
しかも某所(上の情報とは違う所)でさりげな~く一曲だけネタバレしていて、
「うわっ、その曲をそういうアレンジでやったんすか!?」って感じでビックリ!!

しょうがない…OA、楽しみに待ちましょう…。
[PR]
by fusionism-wakame | 2005-01-12 23:49 | hi・to・ri・go・to